注文住宅の無垢床材の種類 東海市のイースタイルホームではチークが人気

注文住宅の床材には選びはまさに注文住宅の醍醐味です。東海市を中心に知多市、大府市、東浦町といろいろなお客様にご縁をいただいて建築させて頂きましたが選ばれた床材の素材、デザインは様々です。まず最初に本物の無垢材を使うか、シート張りのフローリングを使うかの選択になります。メンテナンス性はシート張りのフローリングに軍配が上がりますが、質感や他に一つと無いデザインを楽しむなら無垢材がとってもお勧めです。そうなってくと無垢材の材種ですが安価だとサクラ材、パイン材といったところですが難点は材自体が柔らかい素材なので傷つきやすいという面を持っています。なので価格は上がってしましますがウォールナット材、チーク材という選択をすれば材自体も硬い素材なので傷も気にならないかもしれません。東海市、知多市、大府市、東浦町で検討のお客様、そんな無垢材の相談も東海市のイースタイルホームまでお気軽のご相談くださいませ。

お手入れについて少し話をさせて頂きます。当然ながら無垢材のフローリングは手入れが要ります。具体的には1年に1回位は塗料を表面に塗り込んでいく作業が必要になると思います。塗料も出来れば自然由来のものを使って頂ければ小さなお子さんがいらっしゃる家庭でも安心です。

関連記事

  1. 東海市の注文住宅でも防犯対策は大切です

  2. 玄関収納術・シューズクローク

  3. 注文住宅の窓ガラスには cp マーク

  4. 注文住宅のLDKの広さを考える

  5. キッチン収納

  6. 注文住宅のドアはハイドア仕様がおすすめ

  7. 注文住宅の太陽光発電システムに一番良い時期は5月です

  8. 注文住宅の屋根材は瓦にするか鋼板にするかスレートにするか

PAGE TOP