注文住宅では庇が雨対策になります

東海市でも雨が降ると注文住宅の軒の出の話になります。軒の出とは壁から屋根の先までの部分。つまり軒の出があるほど窓際、玄関先で雨に濡れにくくなります。昔の和風住宅では軒の出が深く、それこそ壁際に立っても雨に濡れないという建物がほとんどでした。現代ではモダン住宅が普及し、軒の出が極力少ない方がスタイリッシュなイメージになるとの理由で軒の出の少ない住宅が目立ちます。ではモダンな外観の住宅では雨に濡れるしか無いということでしょうかそういった場合に庇を取り付けるのはいかがでしょうか。今はシャープなデザインの庇があったり、そのサイズのラインナップも豊富です。モダンなスタイリッシュ外観にもきっとマッチしますよ。

良く聞くメーカーではサッシ(窓)業者さんに聞くと良く分かります。皆様がご存知のリクシル、YKKといった大手メーカーであれば必ずアルミ製品の庇を販売しています。そのたインターネットでも庇専門メーカーさんが多数あり、探すのに困ることは無いと思います。ただし、施工については強風を受ける部分でもあるので信用できる施工業者にお願いすることがとっても重要です。庇を設置する場合にはその固定に下地を入れておく必要がある為、新築の場合はあまり気にしなくても対応できますが、リフォームの場合にはどこに固定するかが重要なので事前に聞いておく必要があります。

関連記事

  1. 上棟式とは

  2. 注文住宅の無垢床を選択する際の知識

  3. 家のエアコンの選び方100V?200V

  4. 東海市で注文住宅の土地を探すときのポイントはスピード

  5. 注文住宅の断熱材の考え方

  6. プラスターボードにも種類があります。

  7. 注文住宅で検討の多い太陽光発電の考え方

  8. 住宅における引き戸

PAGE TOP