プラスターボードにも種類があります。

住宅を新築する際に必ず使用するプラスターボード。この材料は構造材を覆うように住宅の内壁に貼られる材料です。主な使用目的は耐火の為に使用されます。水分を含んだ石膏ボードなので現在の新築注文住宅には必ずといっていい程沢山つかわれます。一言でプラスターボードといっても種類が沢山あります。その中でも大きく分けて普通のプラスターボードと有害物質を吸着してくれるプラスターボードがあることを知っておいて下さい。新築住宅で良く話題になるホルムアルデヒド。特にお子様が小さい世帯のご家族には気になるワードです。そんな世帯の住宅のプラスターボードには是非有害物質を吸着してくれるものを選びたいものです。お値段は少し上がりますが新築一棟で何十万とコストが上がるものではありません。2年間程度かけてずっと有害物質を吸着して家族を守ってくれると考えれば決して高くないのではないでしょうか。是非ご検討下さいませ。

関連記事

  1. 注文住宅のシンボルツリーにはシマトネリコ

  2. 注文住宅の住宅ローン『フラット35』の制度が変わります

  3. 東海市で注文住宅を建てる時の耐震性を考える

  4. 東海市、知多市でも注文住宅の無垢フローリングは人気です。

  5. 東海市で注文住宅の土地を探すときのポイントはスピード

  6. 注文住宅の電気代は見える化が大事です

  7. 注文住宅における「口コミ」

  8. 注文住宅の壁紙に和紙クロスという選択

PAGE TOP