注文住宅のウッドデッキに相性の良いフラットレールの窓

注文住宅のやりたいことをヒアリングさせて頂くと希望として出てくるのがリビングダイニングに設置した大きな窓。天気のいい日に くつろぐには大変心地いい空間が得られます。そしてその大きな窓に続く庭に設置するウッドデッキ、春先から夏頃まで家族団らんをウッドデッキでランチを楽しむ、これも注文住宅の醍醐味です。

そうなってくるとウッドデッキとリビングダイニングの床の高さの話ですが、本来はバリアフリーになるのが望ましいです。ただし一般的な窓ガラスというのは下のレールに段差があります。よってリビングダイニングから少し下がったところにウッドデッキを設置する、こういったケースがほとんどになってしまいます。そうしないために各窓メーカーの方で下のレールがフラットになるようなタイプのオプションがあります。

デッキを設置する前提がある場合は是非このフラットタイプのレールで検討しておくと床の高さが変わらない一体型のウッドデッキのスペースが作れると思います。大変おすすめです。

関連記事

  1. 東海市の注文住宅では室内干しがおすすめ。

  2. 注文住宅で検討の多い太陽光発電の考え方

  3. 注文住宅の太陽光発電システムに一番良い時期は5月です

  4. 知多市巽ヶ丘注文住宅モデルハウスの足場が外れました

  5. 注文住宅の土地について間口はどれくらい必要か?

  6. 注文住宅を高低差のある土地に建てる場合の注意点

  7. 東海市 S様邸基礎工事|東海市の工務店イースタイルホーム

  8. 注文住宅の窓ガラスには cp マーク

PAGE TOP