注文住宅で玄関アプローチにスロープを設置する場合

注文住宅で2世帯住宅を検討する場合に親御様世帯は1階部分につくることが多いと思います。更に将来的な事を考えて道路から玄関までスロープを設置する計画も多いと思います。東海市、知多市の注文住宅でもこのような家を良く見ます。注意頂く内容としてどれくらいの角度であれば無理が無いかということ。
この判断には車いすを想定した場合にその利用について、自分で車いすでそのスロープを登るのか、もしくは介助者が車いすを押してそのスロープの登るのかによって角度は大きく異なります。もし自分で車いすを登ることを考えた場合1/12以下の角度が望ましいということになります。
つまり道路と玄関までの高さが1mあった場合はスロープの長さが12m以上必要ということになります。思ったより土地の広さを使うので予め予測しておきましょう。

関連記事

  1. 東海市、知多市で注文住宅を建てる場合の玄関ドアの性能

  2. プラスターボードにも種類があります。

  3. 注文住宅のLDKの広さを考える

  4. 注文住宅を建てる時に考えるリビングの考え方|東海市工務店イースタイルホ…

  5. 注文住宅の窓ガラスには cp マーク

  6. 東海市の注文住宅でも防犯対策は大切です

  7. 東海市で効率の良い注文住宅を考える

  8. 東海市の注文住宅では室内干しがおすすめ。

PAGE TOP