注文住宅の土地について間口はどれくらい必要か?

土地から購入して注文住宅を建てる方にとって土地の検討は大変重要です。基本情報として土地①土地の大きさ②土地の価格③接道条件④高低差⑤立地条件(駅、スーパー、小中学校等)、この辺りは絶対外せないチェック項目です。

これらを満たした上で土地のカタチですが、出来れば綺麗な長方形が望ましいのですがなかなか、そうも上手く見つかりません。良くあるケースとしては間口(道路と接している幅のこと)が狭く奥行きが長い土地の場合。このような土地を検討とするか否かを悩むと思います。

考え方は2点です。

①車を何台どのように駐車するか?

例えば2台駐車で2台並列で止める場合。多くの車は幅1.8m位です。2台だと1.8m×2=3.6mとなります。これにドアの開くスペースを考慮すると約5.5m程度必要になります。

L字型に止める場合はどうでしょうか?今度は車の長さですが多くの場合4.8m程あります。これに先程の車の幅を足すと約7m程は必要になります。

②建物の幅をどれ位で計画するか?

建物の幅の考え方ですが、奥行きの長い建物を想像して下さい。手前には玄関とリビングがあります。そして奥には水廻り階段等が配置されています。大雑把ですがこんなイメージの建物になります。そうすると手前にある玄関の幅ですが1.5m位は欲しくなります。LDはどうでしょうか?こちらはテレビの大きさ、ソファの大きさ、ダイニングテーブルの大きさにもよるのですが一般的に3mは必要になってきます。これに住宅の設計基準(昔から住宅の設計には尺貫法が多く使われので910㎜を一つの単位で考えます)を考慮するとの910㎜×6単位=5.46m位が一つの目安になります。

更に住宅の周りにはエアコンの室外機を置いたり、点検する為のスペースが必要になったりしますので、こちらも1.5m程度は見ておく必要があります。よって建物から検討すると土地の間口(土地の幅)は5.46+1.5m=約7mは欲しいところです。

①②から考えると土地の幅については7m以上が望ましく、それ以下の場合には駐車場の配置や建物のプランニングを調整する必要がでてくるケースが多いものです。

以上をふまえて注文住宅用の土地を探す際の参考として下さい。

関連記事

  1. 注文住宅の太陽光発電システムに一番良い時期は5月です

  2. 注文住宅のシンボルツリーにはシマトネリコ

  3. 東海市荒尾町に注文住宅用地約40坪

  4. 注文住宅を高低差のある土地に建てる場合の注意点

  5. 注文住宅の打合せスペース復活しました。

  6. 安全衛生協議会開催の安全大会 東海市商工センターで。

  7. 注文住宅の外構のお話

  8. 木造注文住宅では重要|白蟻対策の基本を知る

PAGE TOP