東海市、知多市でも注文住宅の無垢フローリングは人気です。

注文住宅のフローリング選びはその注文住宅のカラーを決めるといっても良い位重要な材料の一つです。そのフローリングについてご説明致します。

まず表面がプリント(又は薄い板)を表面に貼った合板のフローリングと無垢材のフリーリングといった分け方があります。一般的には『無垢材のフローリングにしたいけどコストが合わないので合板フローリングにする』といってあきらめてしまう人も多いのではないでしょうか。フローリングを選択する場合にはもっと深く理解して選択する必要があります。

コストの話ですが無垢材の場合はコストが上がることが多いのですが、材料というよりも大工さんの手間費の問題があるからです。どういうことかというと合板フローリングの場合は1枚当たりの幅が30センチ程度で造られている事が多いのですが、無垢材になると12センチ程度の幅のものを1枚1枚大工さんが貼っていくので手間が3倍になるということです。

それから無垢材の材料の話ですが、無垢材でもその樹種によって大きく金額が異なります。一般的に安価と言われる『パイン材』この材料自体は合板フロアーとそれほど変わらないコストのものも多くあります。逆に人気の『ウォールナット』、『チーク材』となると合板フローリングの2倍~3倍になるコストのものがほとんどです。

それから忘れていけないのがメンテナンスの事。合板フロアーについてはメンテナンスフリーでOKなのですが、無垢材ではそのようにはいきません。年に1回の目安で塗料を塗り込む必要があります。塗料についてもせっかくなので自然の原料を使ったものが望ましいです。小さなお子さんがいらっしゃる家庭ではなおさらです。塗料の値段もそれなりに高いので、最初から理解した上で無垢材のフローリングを選ぶ事が大切です。塗料を塗るには布ですり込むように塗っていくので2階建ての建物ではまるっと1日かかると思って良いです。注意点は乾燥に1日必要と言うことです。東海市、知多市を温暖な地域なので1日乾かせば良いと思います。(岐阜県や長野県では季節によりもう少し乾燥時間が必要です)つまり一気に塗ってしまうと寝るところが無くなってしまいます(笑)。なので1日で1階部分、2日目で2階部分と日をかえて塗ると良いと思います。

関連記事

  1. プラスターボードにも種類があります。

  2. 注文住宅の住宅ローン『フラット35』の制度が変わります

  3. 注文住宅の外構のお話

  4. 注文住宅の土地について間口はどれくらい必要か?

  5. 注文住宅のウッドデッキに相性の良いフラットレールの窓

  6. 東海市で2世帯住宅の注文住宅建てる場合の基本的な事

  7. 注文住宅の断熱材の考え方

  8. 東海市の注文住宅は土地探しとプランニングとスケジュールを同時に考える

PAGE TOP