東海市の注文住宅は土地探しとプランニングとスケジュールを同時に考える

注文住宅におけるスケジュールの計画はとても大切です。まずお土地から探す方には土地探しからはじまり、住宅会社探し、建築工事、引渡し、引っ越しとすべて完結するまでには相当な期間がかかります。私ども東海市の工務店イースタイルホームにご来場されるお客様も小さなお子様がいらっしゃるお客様がほとんどの為、そのスケジュールにお子様の進学等を上手く組合せる必要があります。一番大変なのは土地探しと言うことになります。まずは不動産会社に出向いたり、インターネットで物件を検索する。それから実際に現地で物件を確認する。プランを検討する。この繰り返しになるのですが、しっかり土地を吟味していると1年間位はあっという間に過ぎてしまいます。そういった注文住宅の計画にはしっかりとスケジュールを組むことが大変重要です。その過程過程ですべきことをしっかりチェックしておきましょう。

①住宅会社選び

先程土地探しがまず最初で一番大変とお話致しました。とすると一番最初に土地探しと思われる方も多いかと思います。実は最初にやって頂くのが『住宅会社選び』という事になります。土地を探すのはお客様自身なのですが、そこに希望の建物が建てれるのか相談しながら土地を選ぶ必要がありますので、まず住宅会社選びからはじめるのが良いと思います。住宅会社については総合展示場、工務店等に出向いてその会社の商品や雰囲気をつかんでいただくと良いと思います。各会社が現地見学会、イベント、オープンハウス等で実際の建物を公開している場合も多いので、ぜひ出向いてご確認されることをおすすめ致します。イベントや見学会の情報は各住宅会社のホームページ等で確認するのが良いでしょう。又不明な点は迷わず直接電話をして確認しましょう。以外にその電話の対応で住宅会社の特徴も見えてくるものです。

②土地選び、仮プランニング、配置計画、予算計画

続いて土地探しとなるのですが、まずは直感で何ヶ所か候補を上げてみましょう。土地探しにおいて第一印象はとても大切です。その次にその土地にどれくらいの建物が入るのか?注意すべき制限はあるか?トータル予算は大丈夫か?とこの辺りを住宅会社と相談しながらすすめると土地探しがスムーズになります。大切なのは土地のプロフェッショナルは不動産屋さん。建物のプロフェッショナルは住宅会社(=工務店)という事です。出来れば土地も建物も精通した会社や担当者の方が望ましいです。もちろんイースタイルホームでも土地探しはお手伝いさせて頂いております。(もともと不動産もやっている会社なのでおまかせ下さい)

土地探しは東海市はもちろん知多市、大府市、東浦町等の知多半島エリアのご相談もお気軽にお問合せ下さいませ。その周辺エリアの名古屋市、阿久比町とご予算にあわせたご提案を行っています。建物の施工エリアもほぼ愛知県内全域となっていますので幅広くご相談頂ければ幸いです。

候補の土地が見つかればそこに仮のプランニングを行います。方位はどうか、収納は足りているか、部屋の広さが確保できているか、やりたい事はできているか等イメージを実際のカタチにしていきます。

土地と間取りが仮に設定できれば、いよいよ予算のチェックを行います。ここで大切なのは家計も併せて予算計画を検討するということです。住宅ローンを組むことが多くなると思いますが、単に返済がいくらだから大丈夫と考えずに、せっかくの機会なので家計としっかり向き合って節約可能なお金は無いか等の検討をすることをおすすめ致します。これはファイナンシャルプランナーの資格を持った方に相談するのが良いと思います。それが終われば実際に住宅ローンが借りられるのかをチェックします。住宅ローンの仮審査を出してみます。ココまでの作業がボリュームも多くて大変ですが、ここでしっかりと事前の計画しておかないと何度も計画をやり直して、結局余計に時間がかかってしまうこともありますので注意が必要です。

③建築工事、検査、引渡し、引っ越し

建築工事の工期も大枠を事前に理解頂くと良いと思います。計画が決まれば実施に『地鎮祭・近隣挨拶』(半日)からはじまります。その後に『地盤改良工事』(2~3日)を経て基礎工事から建物工事がはじまります。基礎工事から建物完成までは35坪程度の大きさで約4ヵ月程度となります。一つ注意点はこの4カ月には外構工事の期間は入っていません。外構工事は内容にもよりますが1ヵ月位はみておいた方が良いです。(天候にも大きく左右されるところなので)

これまでの話をまとめていくと土地を探しはじめてから入居するまではざっと10ヵ月程度は期間が必要になってきます。一番最初の話で小さなお子様も入学、進学等に計画をあわせる事も多いとおもいますので、そこから逆算して3月上旬に新居に入居する為には前年の5月位から土地を積極的に探す必要があるということになります。もちろんある程度スムーズにいった場合のスケジュールなので、出来ればもう少しゆとりを持って計画された方が間違いがありません。

ゆとりを持った計画をするためにも気のあった住宅会社、担当者との出会いが一番大切という訳です。

 

 

 

関連記事

  1. 注文住宅の住宅ローン『フラット35』の制度が変わります

  2. 注文住宅を高低差のある土地に建てる場合の注意点

  3. 注文住宅でウォールステッカーは子供に人気

  4. 注文住宅のウッドデッキに相性の良いフラットレールの窓

  5. 木造注文住宅では重要|白蟻対策の基本を知る

  6. 注文住宅の窓ガラスには cp マーク

  7. 注文住宅の電気代は見える化が大事です

  8. 注文住宅の建築にも役立つお金の知識

PAGE TOP