注文住宅の壁にホワイトボードという選択

壁にホワイトボードを貼るとお子様に大人気!!

注文住宅の壁の仕上げ材と言えば一般的に壁紙クロスです。もちろんコストが安いということだけでなく手入れが非常に楽だというわけで非常に普及された仕上げ材になっています。その他の仕上げ材と言うと人気の所で行けばやはり塗り壁仕様。左官屋さんに壁をコテ仕上げ等で塗り壁にしていただくと非常に雰囲気が出ます。特にを和室なんかは高級料亭のような雰囲気を出すことも可能です。

その他の仕上げと言うとタイル仕上げ。アクセント的にタイルを貼って豪華さを演出する、これも注文住宅の醍醐味です。

最近ではその他に外壁材を室内に貼るという選択もあります。色々なデザインが出てきておりますしメンテナンス性もいいので増えてきております。

一方、子供に目を向けた場合にはホワイトボードという選択も大変おすすめです。皆様が仕事で使うようなホワイトボードと同じものにはなりますが建築で使う場合にはフレームなどがないもの、まさにホワイトボードそのものだけを購入して壁に貼り付けると一体感が増すというわけです。そうした上でカラフルなマグネットなどを貼り付けておくと大変子供に喜ばれるはずです。もちろん落書きしても大丈夫なので掃除に手間もかかりません。

1点注意点とするとホワイトボード自体は断面に加工がされてない場合がありますので手を触れると切り口が危ない状態になってます。建築上でそれを隠すなり配慮した施工が必要になります。またホワイトボードを例えば斜めに切るなどの加工は大工さんでは非常に難しく、予め購入する際にサイズや形をオーダーで頼んでおく必要があります。

この2点を注意した上で例えばキッチンの背面に施工する、または子供部屋の一面に施工するとガラッと印象も変わります。似たようなもので黒板のような仕様のものもありますのでそちらを選択しても良いかと思います。

関連記事

  1. Low-Eガラスって??

  2. 東海市で注文住宅を建てる時の耐震性を考える

  3. 住宅ローン

  4. 注文住宅を建てる時に考えるリビングの考え方|東海市工務店イースタイルホ…

  5. 注文住宅で無垢材を使う|東海市の注文住宅イースタイルホーム|

  6. 注文住宅の無垢床を選択する際の知識

  7. 注文住宅の外構のお話

  8. 注文住宅では庇が雨対策になります

PAGE TOP