知多市注文住宅モデルハウスにて先行モデルハウス公開

夏を思わせる程暖かくなった本日ですが、東海市のイースタイルホームでは知多市で新規モデルハウス公開を行いました。といっても先行オープンの為、近隣の方に限った公開でした。朝準備をしていると早速近所の方から『今日からかね~』と声をかけて頂き、いよいよはじまるなーという感じで気持ちよくスタートしました。合計9組のご来場を頂き良い意見やいまいちだねといった意見を多数頂きました。近隣の方には本当に貴重なご意見を頂きありがとうございました。

そんな中でも数多く聞かれたのが『このLD何畳?』『えー広く見えるね』と空間の広さを感じられたお客様が多かったように思います。知多市モデルハウスのLDは約17畳、決して最近の家としては広いLDという訳ではありません。なのに皆様『なんで広く感じられるのだろう・・・』と不思議な様子。

そーなんです。この知多モデルハウスには空間を広く感じる工夫があるのです。まずは”アクセントウォール”和室とリビングが隣同士の間取り。当然間仕切壁によって部屋が分けられています。ところが天井まで壁が無い!!!あえて天井から60センチ程度壁をつくらずオープンになっているのです。見た目には天井がつながっていますので空間が広く見えるという訳です。もうひとつの工夫は”ワイドサッシ”です。普通の窓の幅の1.5倍あるリビングのサッシは解放感抜群。この2つに工夫で17畳が20畳以上の空間に見えたりします。

是非知多市モデルハウスで実際に見て感じて下さい。ご来場お待ちしております。

関連記事

  1. 東海市からも近い知多市の注文住宅モデルで変わったカラー選択

  2. 東海市でモデルハウスを見に行くときの3つのチェックポイント|注文住宅の…

  3. 瀬戸市でモデルハウス分譲開始

PAGE TOP