東海市で注文住宅を建てる内装材に木質メラミンボードはいかがでしょうか

注文住宅の内装で使える木目調のパネルのご紹介。

注文住宅の室内の仕上げとしては壁紙(クロス)が一般的です。しかしもう少しナチュラルな雰囲気を出したいという要望が結構多くあります。

そうすると本物の無垢材の板を張るという選択もあるのですが長い目で見ると日本の四季においては伸縮、乾燥などを経て木材が呼吸するために起こる隙間が開いたり、不具合が生じることが多々あります。

そこでやはり天然の無垢材を使うのに抵抗がある方にとっては 天然木を使わずに天然木に似た他の素材使うという選択が出てきます。 その中にメラミン素材の木目調パネルという選択があります。

その名の通りラミン素材になっていますので耐火性、耐久性にも優れてる素材になります。昔のメラミン素材と言うとそのプリント技術がまだまだ不十分のために見るからに偽物の木目といった感じでなかなかを施主様に選ばれない素材でした。

ただし 今日のプリント技術においては目を見張るものがあります。我々プロの建築家が見てもそれこそ偽物かどうかわからないようなプリント技術を用いて無垢材そのものの木目を表現するような技術のものもあります。

そうなった場合にはいうまでをなく優先する事といえばメンテナンス性です。

ほとんどの方は無垢材を使いたいという願望があるにもかかわらず、そのメンテナンス性が非常に煩わしいために結局壁紙を使うという選択が多くあります。もし近年のプリント技術が本物の無垢材に匹敵するような プリント技術を持っていて、それでいてメンテナンスがフリーであればこれに優る素材はないのではないでしょうか。

そういった意味では昔からあるメラミンボードにリアルな木目調のプリント技術をミックスした素材がこれから望まれるのではないでしょうか。本物の無垢材の雰囲気も良いですが私みたいにメンテナンスが面倒だわという方には無垢材を使うことによるメンテナンス性能が致命傷になる場合があります。やはりたンテナンスフリーっていうのは注文住宅を建てる上では結構外せないポイントかもしれません。

関連記事

  1. 注文住宅のドアはハイドア仕様がおすすめ

  2. 注文住宅でコストがあまりあがらないオプション工事

  3. 安全衛生協議会開催の安全大会 東海市商工センターで。

  4. 東海市、知多市でも注文住宅の無垢フローリングは人気です。

  5. 注文住宅の土地について間口はどれくらい必要か?

  6. 注文住宅の屋根材は瓦にするか鋼板にするかスレートにするか

  7. 東海市でも雨続き、注文住宅の室内干しは

  8. 注文住宅の打合せスペース復活しました。

PAGE TOP