東海市でVR体験による注文住宅の検討会がはじまります!

最近色々なところで聞かれる様になった”VR(ブイアール)”

まずはココから解説ですが、VR=virtual reality(ヴァーチャルリアリティ)の事で、実物のものではないものの本質的には同じ様な環境を理工学的に作り出す技術の事を指します。

東海市のイースタイルホームでは『ジブンハウス』という注文住宅の商品を取り扱っております。この商品の特徴が正にVR技術なのです。VRを使うと何が良いのか?

私的には好きな時間に好きなだけ自分のペースで注文住宅が検討できるところがポイントだと思います。

注文住宅を検討していると、例えば夜中にふと目が覚めて注文住宅の内装イメージを確認したくなる事。こんなことって無いとは言えません。(実は私自身も注文住宅を検討しているときには色々と気になって夜中眠れなかった事もしばしばあったので・・・)

こんな時に住宅会社の展示場に行くわけにはいきません。

こんな場面で生きてくるのがVR技術です。とにかくスマホ1台あれば家全体のイメージがわかってしまうのです。

更に、概算のお見積りまでスマホ1台ですぐに確認できてしまうのです。一昔前では考えられない様な効率的な注文住宅の検討のカタチだと思っています。

まずは弊社でVR体験をして頂く事からはじめてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 東海市で注文住宅の土地を探すときのポイントはスピード

  2. 注文住宅の予算の考え方

  3. 東海市でも雨続き、注文住宅の室内干しは

  4. 東海市にもほど近い巽が丘駅徒歩圏内に注文住宅用地分譲中

  5. 安全衛生協議会開催の安全大会 東海市商工センターで。

  6. プラスターボードにも種類があります。

  7. 東海市の注文住宅でも防犯対策は大切です

  8. ダウンライトの色の種類を間違えると注文住宅のイメージが変わる!?

PAGE TOP