東海市の注文住宅の基礎補強を考える

東海市の注文住宅は地元の工務店イースタイルホームにお任せください。

さて注文住宅の建築に伴い東海市内でもほとんどの場合に必要となる”地盤改良工事”についてお話したいと思います。

まず『地盤改良工事って何?』という事になるわけですが、簡単に言うと注文住宅を建てる前には土地を地固めしてから建てないと地盤沈下等で住宅が傾く恐れもあるのでしっかりと地固めしておきましょうという事です。

その方法としてはおおむね3つの方法があります。

一つ目は”表層改良工事”

これは今ある土地の高さから1~2mの深さまでが軟弱な地盤だった場合に有効な改良方法になります。工事の方法としては硬化剤を混ぜながら改良する方法で一般的な30坪程度の注文住宅を建てる場合の費用の目安は30万円~50万円となります。

二つ目は”柱状改良工事”

ミルク状の硬化剤を注入しながら掘削していき、結果的に概ね60㎝程度のコンクリトートの柱を作ってしまう改良方法。2m~8mの深さの範囲において軟弱な地盤に効果的です。費用の目安は深さ4m前後の柱状杭を作る場合で60万円~80万円の目安となります。

三つめは”鋼管杭工事”

先に紹介した工法よりも深い層まで改良工事が必要な地盤において検討する工法となります。文字の通り鋼管製の杭を支持層まで打ち込む工法です。その分費用は高額となり深さによっては100万円以上となる場合もあります。

これから改良方法の選定には地盤調査を行う必要があります。地盤調査を行い、注文住宅用の土地の硬さを調べないと判断できなという訳です。

心配な場合は先行して地盤調査を行い、注文住宅の総予算を決定する事も重要となります。地盤調査の費用は3万円~5万円となります。

関連記事

  1. 東海市、知多市で注文住宅を建てる場合の玄関ドアの性能

  2. 注文住宅の無垢床材の種類 東海市のイースタイルホームではチークが人気

  3. 注文住宅で玄関アプローチにスロープを設置する場合

  4. 注文住宅の打合せスペース復活しました。

  5. 注文住宅のシンボルツリーにはシマトネリコ

  6. 注文住宅の土地について間口はどれくらい必要か?

  7. 注文住宅のカーテンに ぴったりの 調光ロールスクリーン

  8. 注文住宅の住宅ローン『フラット35』の制度が変わります

PAGE TOP