注文住宅で検討の多い太陽光発電の考え方

東海市の注文住宅なら地元の工務店イースタイルホームにお任せ下さい。

さて注文住宅で検討する事が多い太陽光発電システムの採用についてですが、私共地元の東海市はもちろん知多市、東浦町、大府のお客様でもよくご質問を受ける設備の一つです。

何となくよく聞くフレーズではあるものの、今一つ採用して良いのか判断が難しい注文住宅の設備ですね。

単刀直入に聞かれるのは『結局得するの?』というご質問。

東海市の工務店イースタイルホーム的考え方では答えはYESです。

売電単価が下がってきてるとは言えまだまだ魅力のある設備だと思います。スタッフの自宅でも10KW相当の設備で毎月平均して4万円ほど売電収入が見込めます。

よって初期費用がかかるのは事実ですが注文住宅の屋根いっぱいに太陽光パネルを載せるようなシステムを検討し、電力会社と20年契約すれば、10年以内に元が取れて、その後10年は家族の収入になります。

もちろんこの考え方は注文住宅に採用する太陽光システム自体が壊れないという前提になっていますので、逆に言えば壊れた場合に元が取れる期間がのびるというリスクもあります。

必ず得をするという意味でYESという事ではありませんが、少なくとも20年後に最終的に元が取れなかったとう結果にはならないと思いますので、おススメな設備であることは間違いありません。

何よりも毎月毎月電力会社から振り込みがあるのは楽しいものですよ・・・

関連記事

  1. 木造注文住宅では重要|白蟻対策の基本を知る

  2. 安全衛生協議会開催の安全大会 東海市商工センターで。

  3. 注文住宅を建てる時に考えるリビングの考え方|東海市工務店イースタイルホ…

  4. 注文住宅の無垢床材の種類 東海市のイースタイルホームではチークが人気

  5. 注文住宅では庇が雨対策になります

  6. 東海市で注文住宅を建てる時の耐震性を考える

  7. 注文住宅の屋根材は瓦にするか鋼板にするかスレートにするか

  8. 注文住宅を高低差のある土地に建てる場合の注意点

PAGE TOP