注文住宅の仕上げ材について

|内装仕上げの定番 壁紙(クロス)|

注文住宅の内装で気軽に個性を出せる素材といえば何といっても壁紙(クロス)ですね。正式にはビニールクロスと呼ばれます。その名の通り壁紙といってもビニール質の素材となっています。その特徴はとにかく色柄が豊富なことでしょう。一口にビニールクロスといってもグレードによって選べる種類が異なります。

|注文住宅の壁面積を知る|

グレードによって金額が変わるといっても大枠でどれくらい変わってくるのかがわからなければ検討する事も出来ません。そこで一般手的な注文住宅における壁、天井の面積を知っておく必要があります。もちろん注文住宅で建てるわけですから同じ床面積の注文住宅でも1棟1棟その面積はことなります。そこで少し乱暴ですがざっくりと面積を頭に入れてしましましょう。

|壁:天井=2:1|

33坪程度の4LDKの注文住宅の内装壁面積200㎡、天井面積100㎡と覚えてしまって下さい。そのうえで多くの注文住宅の会社で採用される差額の出ない標準壁紙を1㎡あたり1000円とした場合、グレードアップクロスは差額で500円程度価格が上がるのが一般的です。という事は全ての壁紙をグレードアップすると500円×300㎡=150,000円程度差額が出ることになります。

考え方をかえてアクセント的に例えばトイレの壁1面だけ個性的な壁紙を選ぶ場合は3000円程度でもその空間がガラッと雰囲気が変わって大変おススメです。

是非部分壁紙グレードアップで注文住宅にさらなる個性を出してみてください。

詳しくは東海市の工務店イースタイルホームにお気軽にご相談下さいませ。

関連記事

  1. 知多市巽ヶ丘注文住宅モデルハウスの足場が外れました

  2. 東海市で注文住宅を建てる内装材に木質メラミンボードはいかがでしょうか

  3. 東海市で効率の良い注文住宅を考える

  4. 注文住宅の浴室下の断熱に注意!!

  5. 注文住宅のシンボルツリーにはシマトネリコ

  6. 注文住宅でウォールステッカーは子供に人気

  7. 注文住宅で無垢材を使う|東海市の注文住宅イースタイルホーム|

  8. 注文住宅と建売住宅

PAGE TOP