住宅における引き戸

|引き戸について

住宅には必ずといっていいほど、扉が存在します。その扉は大きくわけると「開き戸」「引き戸」「折れ戸」の三種類です。その中で今回は「引き戸」について説明します。

引き戸のメリットを挙げると、扉を開けたときに扉が壁の中に納まるので邪魔にならず、開放感を出しやすいということです。しかも、2、3枚引き戸を使えば建具で仕切っているのにも関わらず、かなりの開放感を出すことができます。引き戸は風でバタンと閉まることがないため、風通しが良いです。開きかけの状態のままにもすることができ、通風したいときや、子ども部屋の状態を把握しやすいです。また、引き戸は開閉する際に身体の動きが少なくて済むため、高齢者や身体の不自由な方でも楽に開閉できます。

引き戸のデメリットは、引き戸を引き込むスペースが必要になるため引き戸がつけられる場所が限られてしまう、機密性がとりにくいということです。また、引き戸を引き込む場所にはコンセントやスイッチを設置することができません。

|小さな家でも引き戸があれば大きく暮らすことができる|

先に述べたように、引き戸を用いれば部屋同士をつなげてひとつの大きな空間をつくることが可能です。そのため、コンパクトな家では基本引き戸を用いて、引き戸が付けられなかったり音が気になる場所はドアに、という風に考えていくと広く使い勝手の良い家になります。

詳しくは東海市の工務店イースタイルホームにお気軽にご相談下さいませ。

関連記事

  1. 地盤調査とは

  2. エコキュート

  3. 注文住宅のドアはハイドア仕様がおすすめ

  4. 東海市からもアクセス良好な知多市の注文住宅モデルハウス

  5. 注文住宅の土地について間口はどれくらい必要か?

  6. 東海市で効率の良い注文住宅を考える

  7. 東海市にもほど近い巽が丘駅徒歩圏内に注文住宅用地分譲中

  8. 注文住宅のLDKの広さを考える

PAGE TOP