セカンド洗面台について

|二階に洗面台を設置する意味|

せっかく注文住宅を建てるのであれば快適に過ごせる家を建てたいと誰もが思います。間取りを決める際に、一階に洗面台があるんだし、二階に洗面台は要らないと考えがちです。しかし、例えば小さいお子様がいる家庭ではお子様が成長した際に朝の支度が重なって一階の洗面台が混雑する可能性があります。また、一階の洗面台の場所がリビングの奥にあり、そこまでに廊下がない場合、必ずリビングを通って洗面台に行くことになります。ここで急な来客があったとすると顔も洗っていない状態で来客と顔を合わせてしまうことになります。

そのため、二階に洗面台を設置することでより快適な生活を送ることができます。

|設置場所|

多くの場合、二階のトイレの横に設置することが多いです。その他では、廊下の角やベランダの近く、ドレッサーとしても使用したい場合には寝室に設置することもできます。

二階の洗面台のだいたいの用途は朝の洗顔や歯磨きであるため、トイレの横に設置すると誰もが使いやすい洗面台になります。

|+α|

ここで忘れてはいけないのがタオル掛けです。もちろん、後からご自分で付けることも可能ですが、誤って薄い壁に取り付けてしまう可能性があるため、最初から取り付けたほうが安心です。

 

是非、セカンド洗面台を検討していただけたらと思います。

 

詳しくは東海市の工務店イースタイルホームにお気軽にご相談下さいませ。

関連記事

  1. 注文住宅で使えるナチュラルな軒天材

  2. 注文住宅でコストがあまりあがらないオプション工事

  3. 東海市の工務店(イースタイルホーム)が建てる規格型注文住宅ジブンハウス…

  4. 注文住宅の屋根材選び

  5. 対面キッチン-後半-

  6. 対面キッチン-前半-

  7. 注文住宅の夏の日差し対策|東海市イースタイルホームの考え方

  8. 知多市巽ヶ丘注文住宅モデルハウスの足場が外れました

PAGE TOP