注文住宅において忘れてはいけない重要設備

|コンセントの配置|

注文住宅の内装といえば、壁や床ですが、コンセントの配置もとても重要なのです。快適な住宅をつくるために間取りなどに気をとられすぎてコンセントなどの配線計画を見落としていませんか?実際に住んでみてから不便さに気づいて後悔してしまっては残念です。

コンセントの配置は意外と重要なもので、多く付けるに越したことはないですが、あまり多く付けても使える電気使用量が増えるわけでもなく、見栄えもあまり良くないため、家電製品・電気器具の量と種類そして将来の生活の変化も合わせて、配置を考える必要があります。

|失敗例|

*コンセントについてあまりよく考えずに決めてしまい、掃除機が使いずらい

*意外と置く家電が多くなってしまい、もう少し多めに設置してもらえばよかった

*自分の部屋にアンテナ線がなく、テレビが見れなかった

*配置をあまり気にしていなかったため、実際生活していると無駄な動きが多く感じる

*扇風機を使いたいのにコンセントが遠い

*結局家具の後ろになって使ってないコンセントがある

などなど…

|あったら便利な場所|

注文住宅で人気なウォークインクローゼットでは、クローゼットといえども小さな部屋であるため、掃除機をかけれるようコンセントがあると便利です。

主婦目線では、キッチン周りは電子レンジや炊飯器、トースター、ミキサーなどたくさん使う製品があります。そのため、多めに配置するのが良いです。

掃除機を使う場面で忘れやすいのが車の掃除です。掃除機を用いて車内掃除を行う方もいるのではないでいしょうか?こんな時、外壁にコンセントがあると非常に使いやすくなります。

 

注文住宅を建てる場合には後悔しないためにもコンセントの配置についてじっくり考えていきましょう。

 

 

詳しくは東海市の工務店イースタイルホームにお気軽にご相談下さいませ。

関連記事

  1. 東海市で効率の良い注文住宅を考える

  2. 注文住宅の浴室下の断熱に注意!!

  3. 注文住宅でコストがあまりあがらないオプション工事

  4. 東海市で注文住宅を建てる時の耐震性を考える

  5. 注文住宅を高低差のある土地に建てる場合の注意点

  6. 新築注文住宅という選択。中古+リフォームという選択。

  7. 注文住宅の土地について間口はどれくらい必要か?

  8. セカンド洗面台について

PAGE TOP