坪単価って?

 

住宅関係でよく見かける「坪単価」という言葉。

みなさんはこの坪単価の意味をしっかり把握してますか?

坪単価とは何なのか、どうやって決まるかなどを説明していきます。

 

|坪単価の基本|

坪単価は建物の床面積1坪(約3.3㎡)当たりに建築費がどれほどかかっているのかを算出したものです。

家によって間取りや形、細かい設計は異なるため仕様がほぼ同じでも面積当たりの工事費は異なってきます。

同じ面積の家でも造作家具があるかないかでも金額は違いますし、扉や窓、照明器具の数でも金額が変わってきます。

そして、ハウスメーカーごとによって坪単価の算出の仕方が違います。そのため、坪単価はあくまで目安で、実際にかかる工事費が当初の坪単価にぴったり当てはまるとは限りません。

 

|坪単価の上下|

同じ延床面積なら家の本体価格が高いほど坪単価は上がります。逆に本体価格が安いほど坪単価は下がります。本体価格に影響するのは主に家のデザインや設備の価格です。

価格の安いキッチンやバス、トイレ、壁紙、床などなどを使えば価格は抑えられ、坪単価は低くなります。しかし、グレードは低くないのに他のハウスメーカーより坪単価が低いということがあります。これは、標準仕様としてプランニングの際に提案する設備などを絞り込んで大量に仕入れをすることでコストを抑えています。そのため、ハウスメーカーを選ぶ際には坪単価だけでなく標準仕様には何があるのか、設備のグレードはどうかなどしっかり確認しておくことが大事です。

 

 

詳しくは東海市の工務店イースタイルホームにお気軽にご相談下さいませ。

 

関連記事

  1. 注文住宅の屋根材は瓦にするか鋼板にするかスレートにするか

  2. 注文住宅で無垢材を使う|東海市の注文住宅イースタイルホーム|

  3. 家のエアコンの選び方100V?200V

  4. ダウンライトの色の種類を間違えると注文住宅のイメージが変わる!?

  5. 不動産取得税について

  6. 注文住宅の予算の考え方

  7. 東海市で効率の良い注文住宅を考える

  8. 床暖房の必要性

PAGE TOP