冷房節約術

 

暑い日々、冷房がない生活はもう無理になってきましたね。

冷房を使うと快適に過ごすことができますが、気になるのは電気代。

どのように使用したら節電にもつながるのか、説明していきます。

 

|夏場の冷房|

一般家庭で夏の日中に最も電気を消費するのはエアコンです。

夏場、他の電気機器と比べて日中ではエアコンが消費電力の半分を占めてしまいます。

 

|冷房の上手な使い方|

・設定温度は28℃

エアコンは設定温度を1℃上げるだけで約10%の節電効果があります。

28℃じゃちょっと暑いかな~と思われる方は扇風機と併用してみてください。

・風量は「自動」にする

節電しようと思うと、ついつい風量を「弱」にしがちですが、これは大間違いなのです!

自動運転は、部屋が冷えるまでは強風、その後は微風と一番効率のよい運転をしてくれます。

弱にしてしまうと、部屋が冷えるまでに時間がかかり、余計な電気を使ってしまうことになります。

・風向きは上

冷たい空気は下に向かうので、効率良く部屋の温度を下げるためには、下向きにするのが良いでしょう。

この時、扇風機も使用すると部屋全体の空気を循環させてくれるのでおすすめです。

・こまめに電源を切らない

エアコンは最初一気に冷やしてその後は微風で部屋の温度を均一にしていきます。

電気代は運転状況や機種によって変わってきますが、最初の一時間は20円程度、その後は一時間5~10円程度だと言われています。

 

|室外機|

エアコンの効率化をあげるために、室外機のメンテナンスが必要になってきます。

室外機を直接日光に当てないことが重要です。

そのために、すだれや日よけパネルを活用すると良いでしょう。

この時、吹き出し口をふさがないように注意しましょう。

 

 

いかがでしたか?

節約しながら、熱中症にならないようにこの夏を乗り切りましょう!

 

 

関連記事

  1. オープンハウスご来場いただきありがとうございました(*^_^*)

  2. 生ゴミの処理方法

  3. 水切りラックが食中毒のもとに!?

  4. キッチンの高さ

  5. 新社屋の地鎮祭でした!

  6. あると便利なハッカ油

  7. 火災保険とは

  8. 新居のゴキブリ対策

PAGE TOP